看護師を辞めたい。転職を決めた理由と注意点を紹介!

こんにちは、現役看護師8年目のAMEです。

 

看護師として働いているならば何度も看護師を辞めたいと思う方いますよね。

 

わたしも新人の時から現在までに看護師を辞めたい転職したいと思ったことは何度もあります。

 

しかし、看護師を辞めたいと思っても転職の経験がないと中々転職へと踏み出すのに二の足を踏む方が多いです。

 

今回は、看護師を辞めたい、転職したいと決意する理由や転職したくてもできない理由について紹介します。

看護師が仕事を辞めたい、転職したいと思う理由とは?

看護師を辞めたい理由

看護師をしていると先輩看護師や患者様との人間関係病院の勤務形態への不満給料・待遇に不満など様々な理由から度々辞めたくなるときがあります。

 

わたしも実際に新人看護師のときは先輩看護師や師長などの上司との関係や患者様から苦情を受け、人間関係に疲れるときもあります。

 

他にも、休日日勤の多さ、休憩時間がしっかりとれないなど様々なタイミングで看護師辞めたいなと思うことがあります。

 

わたしは転職を経験したことがありますが、その際に転職を決意した理由は人間関係です。

 

人間関係を理由に看護師を辞めたいと思う人は多いです。

 

看護師の退職理由の大半が人間関係であることがこちらの記事にて紹介してますので、参考にしてくださいね。

看護師が辞めたい理由の大半は人間関係って本当?

看護師を辞めたい理由は、人間関係の他にも仕事内容にするもの、給料や待遇への不満などが多いです。

 

わたしも以前の病院を退職した理由は1番の理由は人間関係ですが、やはり給料への不満もあり退職を決意しています。

 

新人看護師もベテラン看護師も辞めたいと思うタイミングは共通していることが多いです。

 

人間関係以外にも看護師が辞めたくなる理由についてこちらの記事で紹介してますので、参考にして下さいね。

新人看護師が辞めたいと思うのは普通なの?

看護師を辞めたいけど転職するか迷っている

看護師を辞めたいと思っていても、いざ転職を考えたときに尻込みしてしまうという場合には、少しの間有給を習得し、職場から距離をおいて精神的にも身体的にもリフレッシュすることを勧めます。

 

特に精神的に疲弊しているとき、思考が正常時とは異なることがあるため、突発的に行動をすると上手くいかないことが多いです。

 

ストレスが原因で看護師を辞めたいと思っている場合には自分の時間に没頭し、精神的にも身体的にもリラックスすることで状態が改善することもありますよ!

看護師を辞めたくても転職できない理由もある

看護師を辞めたいと思っていても、何か思いとどまる理由によって転職できないと思っている人も多いです。

 

看護師の多くが足かせと感じている理由について紹介します。

経験が浅いから転職に不安がある

新人看護師や2年目などまだ看護師として経験が浅い場合には転職に二の足を踏んでしまうことが多いです。

 

1~3年目の看護師は特に人間関係に悩み仕事を辞めたいと考えることが多いです。

特に1年目の新人看護師からすると、先輩看護師からの注意やピリピリした雰囲気に萎縮してしまいついつい辞めたいと考えてしまいますよね。

 

わたしも新人看護師の時に、怖い先輩と一緒に仕事をするときは、緊張しっぱなしでした。

 

新人看護師が怖い先輩への克服法についての記事をこちらで紹介してます。参考にしてみてくださいね。

 

看護師を辞めたいと思う怖い先輩の存在と克服方法

こちらの記事で、怖い先輩との関わり方について紹介してますが、この記事の克服方法でもやっぱり無理だとい場合には精神的に病んでしまう前に転職を検討しましょうね。

 

新人看護師で経験不足が気になるという場合は、教育体制の整っている転職先を探せばたくさんありますよ。

病院奨学金制度のため看護師を辞められない

看護師が辞めたいけど辞められない理由の多くに【奨学金の返済が終わっていないから】というものがあります。

 

看護師奨学金制度とは、看護師や助産師、保健師を目指す学生に対し、学生時代に奨学金を貸与代わりに各病院の条件のもと決まった期間その病院で働くことで免除される奨学金制度です。

看護学生の時に看護師奨学金制度を利用していれば、就職活動をしなくても良い分、学習に時間を割くことができます。

 

しかし、卒業後一定の期間その病院で働くということが辞めたいのに辞められない理由に繋がります。

 

看護師奨学金制度は、奨学金を出すからうちの病院で働いてねといういわば、病院の人員を確保するための制度でもあります。

 

そのため、一定の期間の就労が条件としているため、期間中に退職する場合には奨学金の一括返済を条件にしている病院もあります。

 

奨学金制度として少なからず恩がある分、期間中辞めたいけど言い出せずそのまま働き続けている人は何人もいます

 

この看護師奨学金制度ですが、退職の際の足かせになっています。

 

しかし、退職の足かせとなる契約は労働基準法第16条に違反することにつながる可能性があります。

第十六条 使用者は、労働契約の不履行について違約金を定め、又は損害賠償額を予定する契約をしてはならない。
(前借金相殺の禁止)

労働基準法第16条によって会社は、労働者への罰金など賠償額を予定することを禁じています。

 

この看護師奨学金制度の退職時の奨学金の返金もこの損害賠償の予定する契約に当てはまります。

 

実際に、平成14年和幸会(看護学校修学資金貸与)事件では、病院側が退職の際に奨学金の返金を請求したことを退ける裁判結果があります。(参考:労働基準判例

 

これにより、奨学金があるからと退職を引き止めることは労働基準法違反となるので会社は行えないのです。

まとめ

看護師が辞めたい、転職動機となる理由は人間関係が最も多く、次いで仕事内容による不満、給与待遇面の不満と新人看護師もベテラン看護師も同様の理由が挙げられます。

 

また、経験年数の浅さや看護奨学金制度によって看護師を辞めたいし、転職したくてもできないという方が大勢います。

 

経験年数が浅くても精神的に病んでしまうのならば、転職をした方が良いですし、奨学金によって退職を病院が引き止めるのは労働基準法第16条に違反となります。

 

看護師が辞めたい、転職したいと思った時は、突発的に退職するのではなく自分が目指す看護師像に近づけるような転職先を探して計画的に転職活動をすることをおすすめします。

 

看護師は、国家資格であり、辞めたいと思って転職活動を開始すると意外にすんなりと自分の希望する就職先が見つかることが多いです。

 

焦らず、自分の将来を思い浮かべ、最善の行動を取りましょうね。

看護師 辞めたい 転職
最新情報をチェックしよう!